気仙沼の海小屋。2月の進捗状況。

2015.03.01 気仙沼:曇り時々雨。

みなさん、こんにちは。
梁建築設計の小林です。

今回は2月の工事の状況をお伝えします。
極寒の中、職人さん達に奮闘していただき、工事は順調に進んでいます。

では、前回の骨組み状態からどこまで工事が進んだか見ていきましょう。

まずは2月上旬の現場打ち合わせの様子から。

2015.02.05
2015.02.05 外観。
屋根工事が進んでいます。

2015.02.05
2015.02.05 外観。
反対側から見たところ。足場にシートが架けられているのでよく見えませんね。。。。

2015.02.05
2015.02.05 外観。
建物に近づいてみました。外壁下地の透湿防水シートが施工されています。シートの重なり具合などを入念にチェック。

2015.02.05
2015.02.05 外観。
海側の立面。今回は木製建具を採用しました。ログハウス用の建具なので取り付け方が少々特殊なため、前回の現場打ち合わせで職人さんとアレコレ協議しましたが、しっかり施工されていて一安心。

2015.02.05
2015.02.05 内観。
内部はこんな感じです。断熱材の上に、気密シートが隙間なく重ねられており、断熱工事もばっちりです。

続いて、2月末の現場打ち合わせの様子を見ていきます。

2015.02.28
2015.02.28 屋根。
まずは屋根工事の確認。前回残っていた施工部分のチェックを行いました。屋根工事、無事に完了。

2015.02.28
2015.02.28 外観。
続いて外壁。
こちらはスギの荒板(表面を削っていないもの)をそのまま施工しています。
職人さんもこのようなザラザラの板材を仕上げに使ったことがないので、施工中は半信半疑だったようですが、できあがってみると、
「なかなかいいもんだな」とご満悦の様子でしたw

2015.02.28
2015.02.28 内観。
こちらは内部の様子。
前回の断熱材の状態から、一気に板張りが完了し、ほぼ仕上がっています。
こちらの板も外壁と同じスギの荒板。良い感じで真新しさを消すことができています。

2015.02.28
2015.02.28 電気工事。
最後に電気屋さんとの打ち合わせの様子。
こちらはペンダント照明の製作打ち合わせ。
なにやらホタテの貝殻のようなものが見えますが、、、、

というわけで、2月の工事で、骨組みから一気に形ができあがってきました。
ほんとはもっと内観の全容がわかるのですが、ほぼ仕上がり状態になっていますので、あえて出し惜しみしておきます(笑)

工期も残り1ヶ月強となりました。
次回はもしかすると完成報告になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です