気仙沼の海小屋:上棟検査。

2015.01.19 気仙沼:雪のち晴れ。

みなさん、こんにちは。
梁建築設計の小林です。

去年の12月に配筋検査を終えた気仙沼の現場。
年明けから工事が再開し、今回は上棟検査です。

ちなみに、東京から気仙沼の現場まで、ドアドアで約6時間半。長旅です。
というわけで、今回はちょっと趣向を変えて、道中の様子も一緒に。
2015.01.19
2015.01.19 上野駅にて。
いつもの通り、やまびこにてまずは一ノ関に向かいます。
今回の旅の友は、黒い画集(松本清張)。

上野から一ノ関までは約2.5時間。2,3編読み終わった辺りで到着です。
福島に入った辺りから吹雪いていましたが、仙台以北は雪は残るものの穏やかな天気でした。
2015.01.19
2015.01.19 一ノ関駅にて。
ここで約30分の電車待ち。
立ち食い蕎麦を食べつつ、電車を待ちます。

そしてここから大船渡線というローカル列車に揺られること80分。
14時過ぎに気仙沼到着。
(気仙沼駅の写真取り忘れた。。。)

そして、工務店さんの車で、ここからさらに20分ほどで、ようやく現場に到着です。
9時前に出発して14時半到着。
この間、読書も半分ほど読了。

2015.01.19
2015.01.19 外部の様子。
工事は予定通り進み、骨組みがほぼできあがっています。
うん、模型通り。いいですね。

2015.01.19
2015.01.19 内部の様子。
こちらは建物内部。一通り金物チェックを終えた後、工務店さん、大工さん、電気屋さんと打ち合わせ。

日中はそれほどの寒さでもなかったのですが、日が陰り出すと急に寒さが。。。やはり東北です。

さて。
今回の出張は、気仙沼の現場の他に、二つほど予定がありました。
東日本大震災の後、仙台にて被害建物の調査を4ヶ月ほど、その後、石巻にてボランティアや復興支援事業を2年ほどやっていたのですが、その時にお世話になった方々を訪問してきました。

気仙沼の現場打ち合わせを終えてから、再び仙台に戻り、まずは仙台で知人と久しぶりの再会。
夜更けまで楽しいひとときを過ごしました。
また、被害調査当時に利用していたホテルに久しぶりに泊まったのですが、フロントクラークの方が、3年前なのに自分のことを覚えていてくれて、とてもうれしくなりました。

2015.01.20
2015.01.20 仙台。
一夜明けて、20日朝。
今日は、石巻へ。

仙台と石巻を結ぶ仙石線がまだ全線開通していないため、電車でいくととても時間がかかります。
そのため、高速バスで石巻へむかいました。

2015.01.20
2015.01.20 石巻。
1時間半ほどで石巻に到着。
1年半前までは、月の半分は滞在していたので馴染みのある景色ですが、なんだかとても懐かしいです。

そして、ここでも懐かしい方と再会。
この方には、当時とてもお世話になりました。
石巻の現場ブログをご覧の皆様はおわかりかと思いますが、当時はなかなか大変でした。
そんなときに、陰で支えてくれた方なんです。

気仙沼の仕事が決まって、宮城を訪れることはしばしばでしたが、気仙沼と石巻ではなかなか寄り道が難しく、ずっと訪問できなかったので、
こうして、再び会えたことがとてもうれしかったです。

仕事はもちろん、旧友を暖めることができた、うれしい出張となりました。
さて、また明日からがんばろう。

ちなみに、なかなか分厚い文庫本でしたが、ほどよいボリュームの短編集で、今回の旅程で読破。
では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です