石巻市W邸:大工のまっちゃんと小林ペンキ。

/////////////////////////////////////////////////////////////
最初にお断りしておきます。
このブログは5月に書いてます。
でも、さもその時に書いたかのように、その時の情報で書きます。
4月末までのブログは、これ以外も、全部そんな感じでいきます。
夏休みの最後に、溜まった絵日記を仕上げる子どもの頃を思い出しながら(笑)
/////////////////////////////////////////////////////////////

2013.04.25 石巻:曇り。

みなさん、こんにちは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

ちなみに、溜まった絵日記ブログは、今回で最後になります(笑)
ようやく、追いつきました。

さて。
今回は、軒天の塗装と、内部造作の様子です。

まずは、内部造作から。

2013.04.25 WTN大工のまっちゃんと小林ペンキ
まっちゃんの床張り工事と木枠工事は、着々と進行中。

2013.04.25 WTN大工のまっちゃんと小林ペンキ
リビングの床の様子です。
素足で歩くと、とても気持ちよさそうな、柔らかい質感です。

続いて軒天塗装の様子。

2013.04.25 WTN大工のまっちゃんと小林ペンキ
まずは、キレイに仕上がった外壁を汚さぬように養生シートとマスキングテープを施していきます。
テープ3年、塗り2年と言われるぐらい、この養生作業が大事なんですね。

2013.04.25 WTN大工のまっちゃんと小林ペンキ
タッカーと呼ばれる小さな釘の留めあとをパテ埋めしてから、シーラーと呼ばれる透明な下地処理材を塗布して、まずは下塗り。

2013.04.25 WTN大工のまっちゃんと小林ペンキ
乾燥したら、2度目の仕上げ塗り。そして、ペンキが乾かないうちに、養生シートを剥がします。

2013.04.25 WTN大工のまっちゃんと小林ペンキ
2階の軒天も同様に。

2013.04.25 WTN大工のまっちゃんと小林ペンキ
中庭テラス部分のみ足場もばらしてしまいました。すっきり。

2013.04.25 WTN大工のまっちゃんと小林ペンキ
軒天塗装、完了。

ちなみにですが、今回の軒天塗装は、小林ペンキ(すなわち自分)がやりました。
本業は設計ですが、実は1年ほど大工修行をしていたころがあり、その時に、ペンキやらなにやら、一通りのことをやらせてもらったんですね。
その昔取った杵柄というわけではありませんが、今回は、セルフでペンキ屋さんをやりました。

下手な塗装屋よりも、なかなかの仕上がりだと自負しています(笑)

写真はありませんが、電気屋さんもアンテナ取付など完了し、これでいよいよ足場が外れます。
次回はGW空けです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です