石巻市W邸:外壁工事と、内部造作。

/////////////////////////////////////////////////////////////
最初にお断りしておきます。
このブログは5月に書いてます。
でも、さもその時に書いたかのように、その時の情報で書きます。
4月末までのブログは、これ以外も、全部そんな感じでいきます。
夏休みの最後に、溜まった絵日記を仕上げる子どもの頃を思い出しながら(笑)
/////////////////////////////////////////////////////////////

2013.04.18 石巻:晴れ。

みなさん、こんにちは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

毎週欠かさず現場に顔を出していて、偉いです、自分(笑)。
まあ、それが仕事なんですけどね。

さて、今回は、板金屋さんの外壁工事。

下地が隠れて、一気に外部廻りが仕上がっていきます。

2013.04.18 WTN外壁工事と内部造作
とっても仕事の早い、板金屋さん。
手際よく、ぱたぱたぱたと、金属製の外壁が施工されています。

外壁材は、金属製のサイディングです。
一般的な窯業系(セメント板みたいなもの)のサイディングは、ジョイント部分にコーキングが必要になって、寒冷地だと劣化が心配なのと、汚れがつきやすいので、この金属サイディングを採用しました。

濃いめのブルーで、なかなかよい色です。

2013.04.18 WTN外壁工事と内部造作
中庭テラスに面する部分は、白の金属サイディングにしています。
これは、光の反射を考慮して、隣接するリビングや和室に、柔らかい光が入るように考えています。

2013.04.18 WTN外壁工事と内部造作
外壁のジョイント部分にはコーキングが不要な金属サイディングですが、サッシ廻りは当然ながら必要になります。
このコーキングがしっかり施工されていないと、後々雨漏りなどの原因になりやすいので、入念に施工チェック。

一方、内部では、まっちゃんが、造作工事を進めています。

2013.04.18 WTN外壁工事と内部造作
前回のブログで紹介した窓枠の取付や、

2013.04.18 WTN外壁工事と内部造作
無垢フローリングの施工が進みます。
こちらはトイレ。

2013.04.18 WTN外壁工事と内部造作
こちらは、洗面脱衣室。

2013.04.18 WTN外壁工事と内部造作
吹き抜けのブリッジ部分を見上げたところ。
床板の小口を見せるデザインにしています。
普通はこういうことしないですけど、無垢材なので、小口もキレイなので見せたいのです。

ちなみに、今回のフローリングは厚さ15mmのパイン材です。これを無塗装で仕上げます。
塗装をしないと、すぐ汚れがついたりしみができたりということで、ワックスを塗ったり、上から塗装を施したりすることがほとんどですが、せっかくの木肌をコーティングしてしまうのは、残念で鳴りません。
どんな塗料を使ったとしても、絶対に木肌感は変わってしまいます。
それに、生活していれば、家は自ずと汚れていきます。それは生活のあとなんですから、あんまり無碍にする必要もないと思うんですよね。
汚れだって傷だって、生活の記憶の一部ですから。
それに、既製品ではないので、全部風合いとして残ります。
昔の家の風化した縁側や、柱に刻んだ背比べの傷みたいなもんです。

せっかくの自宅なんですから、汚れを気にして生活するより、風化を楽しむ家の方が、何倍も気楽に過ごせると思いますよ。

さて。
外壁工事も無事に終わり、そろそろ足場が外れるので、次回は、軒天の塗装です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です