常陸大宮市N邸:竣工。

2012.11.28 茨城:曇り。

みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

昨年11月にお施主さんと会ってから、ちょうど一年。ついに、完成しました。
お施主さんからは、「普通の家じゃ、つまんないから、面白い家がいい」と言われて生まれた、このN邸。

設計のコンセプトは、
「おおきな廊下のある暮らし」
です。

その名の通り、この建物の1/3はおおきな廊下が占めています。
廊下と言っても、いわゆる80cmぐらいの幅の通路ではなく、幅1.8mの巨大な廊下です。
この廊下が、日々の暮らしのなかで、様々な役割を果たしてくれる、そんな家を考えました。

竣工写真はまた改めてきちんとまとめますが、内覧会ができませんでしたので、ひとまず、完成写真をご覧ください。

N邸:外観正面
建物全景。
2階建てなのですが、平屋のような暮らしができる空間になっています。

N邸:内観1
玄関から内部を見たところ。
写真右手の畳部分が「大きな廊下」です。

N邸:内観2
1階LDKスペース。

N邸:内観3
1階部分の「大きな廊下」
この大きな廊下は、これまたおおきな階段越しに、2階まで続きます。
建物の端から端まで見通せるので、平屋のような広がりを感じられます。

N邸:内観4
玄関付近の様子。

N邸:内観5
大きな階段の先にも、まだ大きな廊下は続きます。
その廊下に面するように、個室が二つ並びます。

N邸:内観6
2階の廊下から1階側を見たところ。
個室と連続しているので、プライベートスペースの延長としても使えます。

いかがでしょうか?
廊下と言っても、いわゆる「通路」のような廊下とはまったく違って、いろんな使い方が想定できる、ひとつの「空間」となっているのがわかっていただけたでしょうか?
1階LDKスペースに隣り合う部分は、居間のような振る舞いもし、
2階の個室スペースに隣り合う部分は、個室の延長のような使い方もでき、
1階から2階まで続く、細長い空間は、子供達の遊び場にもなります。
また、1階と2階で、畳座から見える戸外の風景も変わり、パブリックからプライベートへと緩やかに変化する空間。
これは、その時々の気分や季節によって、家族それぞれが、自分の居場所をつくり出すことも出来る懐の深さを持っています。

さて、ここに住む家族が、どんな使い方を「発見」してくれるか、とても楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です