常陸大宮市N邸:屋根・外壁工事。

2012.09.24 茨城:晴れのち雨。

みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

本日は、常陸大宮市N邸の現場打合せでした。

常陸大宮市N邸。外観全景1。
屋根板金工事が完了。
外壁工事も進んでおり、外観は完成形にだいぶ近づいてきました。

常陸大宮市N邸。外観全景2。
建物正面から。
この建物の特徴である、途中で「くねっ」と持ち上がったプロポーションが、屋根の稜線ではっきりわかります。

というわけで、まずは屋根・外壁まわりから施工チェックをしていきます。

常陸大宮市N邸。軒裏1。
まずは軒裏。
杉板の仕上げが施されています。
最近はボード系の仕上げが主流ですが、やはり木の仕上げの方が、自分は好きですね。

常陸大宮市N邸。軒裏2。
前回のブログでも書きましたが、この軒裏と外壁の取り合い部分が通気口になっています。

常陸大宮市N邸。軒裏3。
近寄ってみたところ。
これが通気口です。ここから空気を取り込んで、屋根裏換気をするんですね。
地味ですが、大事なところです。

常陸大宮市N邸。ピロティ。
続いてピロティ部分。
金属サイディングの納まりや、軒天、外壁廻りの取り合いなどをチェックします。

常陸大宮市N邸。屋根1。
外壁廻りのあとは、屋根に登って板金の施工チェックです。
難しい形状なのですが、キレイに施工されています。
ちなみに、写真中央の棟部分、よーく注目してみてください。

常陸大宮市N邸。屋根2。
棟の近くに寄ってみました。
この部分、なんだかわかりますか?
これ、通気口なんです。
屋根裏換気の出口です。
そうです、先ほどの軒裏の通気口から取り入れた空気の出口はこんな感じになっているんです。
棟のデザインを損なうことなくフラットに納まっています。

外部を一通り確認し、続いて内部のチェックです。

常陸大宮市N邸。内部1。
1階内観です。下地の石膏ボードが張られていて、だいぶ空間らしくなってきました。
ちなみに、
写真中央に連続的に立つ柱の向かって右側はLDK的に使われるのですが、左側は名前のない空間です。
これは畳一畳分の幅があるのですが、この幅のまま、ずっと2階まで続いています。

常陸大宮市N邸。内部2。
屋根がくねっと折り上がっている部分の内観です。
下は玄関と階段になります。
ここは、まだどんな感じになるか、わかりにくいかも知れませんね。

常陸大宮市N邸。内部3。
2階に上がりました。
名前のない空間と、個室が二つ。
この関係性も、完成すると面白くなるんじゃないかと、期待しています。

常陸大宮市N邸。内部4。
これは個室(子供室)です。
壁の一面だけ、軒裏の杉板を使いました。

常陸大宮市N邸。内部5。
この個室には、覗き窓がひとつついていて、そこから1階の様子がうかがえます。
そこからのぞき込んだ写真がこちら。
いやー、楽しそうだなぁ。

というわけで、今回の現場確認および打合せも無事に終了。
完成は10月末頃の予定になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です