常陸大宮市N邸:通気と断熱。

2012.08.29 茨城:晴れ。
みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。
まだまだ残暑感たっぷりな毎日ですが、時折吹く風や高い空、そして秋茜の姿を見かけるようになり、秋の気配が感じられるようになってきました。
さて、本日のN邸現場の様子です。
外観
全景です。
壁や床の合板下地はほぼできあがり、電気工事や断熱工事が進行中です。
今回の現場監理のメインは、ブログタイトルにもあるように「通気と断熱」。
この二つは、設計図面では十分な性能を確保できていても、所詮は理論値です。
実際の施工内容によってその性能が大きく左右されてしまうので、図面では確認しきれない、現場の様子をきちんと確認する必要があります。
まず通気について。
前回の現場では外壁の下地として防水紙が施工されていました。この上に外壁材が施工されるわけですが、この防水紙と外壁材の間に「通気層」という隙間を作ります。
この隙間を確保するために、「胴縁」と呼ばれる厚さ15~18mm程度の木材を設置するのですが、これは外壁を留めるための下地にもなるため、一定のピッチで防水紙の上に設置されます。
というわけで、まずはこれが通気の妨げになっていないかのチェック。
外壁廻りをぐるりと見て回ります。
今回は外壁が縦張りのため、この胴縁は水平に施工されます。
ちなみに、普通の胴縁では空気を寸断してしまうので、半円形の欠き込みが施されている「通気胴縁」というものをつかっています。
通気胴縁チェック
通気胴縁のチェック。
写真ではわかりづらいですが、通気用の欠き込みがなされています。
外壁廻りの通気のチェックが終わると、次はその空気の入口と出口の確認です。
空気というのは、基本的には下から上に移動しますので、入口とは外壁の下側の「水切り」部分、出口は外壁の上端と軒との「見切り」部分になります。
この位置に施工される金物があるのですが、それらが適切に設置されているかをチェックするわけです。
通気水切りチェック
水切りのチェック。
基礎部分との重なりが適切でないと、通気穴から空気が入ってこないので、その納まりを確認していきます。
通気見切りチェック
見切りのチェック。
今回は軒裏が檜の板張りとなるので、色合わせでベージュ系の金物を使っています。
こうしてちゃんと出口を確保してあげないと、空気は流れてくれないのです。
さて。
無事に通気のチェックを終えると、続いて断熱材の施工状況の確認に入ります。
こちらも、同じ材料を使っていても、施工の仕方によって性能が大きく左右されてしまうものなので、入念に見て回ります。
隙間無く断熱材が施工されているか、施工忘れはないか、電気配線などで断熱材を貫通している部分はないか、金物と干渉して余分に切り欠いたりしていないか、など細かい部分までチェックしていきます。
2階床断熱
ピロティ天井部分の断熱材の施工状況をチェック。
木材や金物との隙間がないか入念に確認します。
2階壁断熱
続いて、壁部分の断熱材のチェック。
腰窓の下など、わずかな壁にもきちんと断熱材が入っているか確認します。
サッシ廻り断熱
そして大事なのが、こうしたサッシまわりの断熱材チェック。
今回はこのように三角の形状をした壁もあるのですが、このように丁寧に断熱材を施工してくれていると、安心です。
ちなみに、最近は様々な断熱材が出ておりますが、実は、もっとも安価なグラスウールがもっともコストパフォーマンスもよく、断熱性能も優れているというのは、みなさん、ご存じでしょうか?
ただし、他の断熱材に比べて、施工精度に大きく左右されやすいという注意点もあります。
なので、現場チェックが欠かせないんですね。
というわけで、通気、断熱とも良好な施工状況を確認できました。
その後、外壁の仕上げ材やら建具やらの打合せを終えて、本日の現場監理終了。
次回は、いよいよ屋根工事が始まります。
正面全景
正面全景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です