月別アーカイブ: 2013年12月

葛飾区T邸:仕上げ工事〜竣工。

2013.12.28 東京:晴れ。

みなさん、こんにちは。
デザインスペックの小林です。

8月に着工したT邸も、いよいよ12月28日に無事に竣工致しました。
今回は、12月の仕上げ工事から竣工に至るまでの様子をお伝えします。
写真が31枚もありますので、のんびり御覧下さい(笑)。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.02 1階部分。
シナベニヤの壁や造作家具の塗装が施されています。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.02 1階部分。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.02 1階洗面・浴室部分。
浴室のFRP防水にもトップコートの塗装が施されました。
隣接する洗面室も、耐水性のある塗料で塗装しています。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.02 1階浴室部分。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.10 キッチン。
クロス工事が終わり、オーダーメイドのキッチンカウンターが無事に設置されました。
対面式のキッチンカウンターで背面にはカップボードの代わりに同じ高さのカウンター収納を設置しています。
いわゆるペニンシュラタイプのキッチンになります。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.10 1階部分。キッチン。
奥様と打ち合わせを重ねて考えたキッチンです。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.10 2階部分。
塗装工事のあとは、クロス工事が入りました。
今まで、壁・天井部分が石膏ボードのベージュ色だったので、がらりと雰囲気が変わりました。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.10 2階部分。
反対側から見たところ。WCLや和室の間仕切り壁のみ板壁としています。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.17 1階部分。
仕上げの設備工事が入っています。
キッチンにはレンジフードが、天井には照明器具も設置されています。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.17 2階部分。
2階も、照明器具が設置されています。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.17 外壁工事。
今年の後半は、とにかく施工業者不足で段取りに悩みました。
外壁工事もその一つ。12月に入り、ようやく施工に入れて、現場監督ともどもほっとしています。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.17 外壁工事。
外観も仕上がりつつあり、いよいいよ完成も近いです。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.25 外構工事。
外壁工事が終わり、足場も外れたので、外構工事に入ります。
敷地の両サイドには芝を植えるのでその部分を残して、土間を打ちます。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.27 浴室タイル工事。
外壁ともども、段取りに悩まされた浴室。浴槽の納期が予定より遅れて、竣工直前に浴室床のタイル工事となりました。

2013.12.02-28 TSN仕上げ工事〜竣工。
2013.12.27 2階部分。畳工事。
引き渡し前のクリーニングも無事に完了し、和室に畳が設置されました。

さて。
年末の慌ただしい中、ブログにはあまり出てきませんでしたが、電気屋さんや設備屋さんなども入り乱れて、最後の総仕上げを施し、28日に無事に竣工となりました。
竣工写真はのちほどメインHPの方にも掲載しますが、まずはこちらで完成した状態を先行公開します。

TSN竣工。
外観全景(東側正面)。
かわいい娘さん二人も一緒に(笑)。

TSN竣工。
外観全景(北東側から)。

TSN竣工。
1階部分。
玄関ホールとLDKが一体となった空間になっています。

TSN竣工。
1階部分。
玄関ホールからLDK側を見ています。

TSN竣工。
1階部分。
LDK側から玄関ホール側を見ています。
前回のブログで、玄関ホールに不思議な物が置かれると書きましたが、実はテレビなんです。
この玄関ホール、実はリビングでもあるのです。

TSN竣工。
1階部分。
リビングの吹き抜けの様子。

TSN竣工。
1階部分。
玄関ホールの先には、水回りがあります。

TSN竣工。
1階部分。
浴室から洗面室、玄関ホール側を見ています。
浴室と洗面室の間仕切り扉はなく、ロールカーテンが扉代わりです。これで湿気によるカビに悩まされることもありません。

TSN竣工。
1階部分。
浴室の様子です。

TSN竣工。
1階部分。
浴室の先にはインナーテラスがあります。
今回のブログでずっと「不思議な空間」と言っていた場所です。
ここは内部なんですが、外部のように使える空間なんです。

TSN竣工。
1階部分。
インナーテラスです。こんな感じで、浴室とリビングと繋がっているのです。
床はウッドデッキになっており、デッキ下には防水が施されているので、水浸しも問題なし。
観葉植物を置けば、浴室から見れば坪庭、リビングから見れば借景になります。
さらに、ここは物干しスペースにもなります。
外側のサッシを開けて外気を取り込めば普通のテラスのように使えます。
そして、風除室のような役割もあります。
夏の暑い西日の緩衝帯としても有効に働くと同時に、冬場の冷気がリビングにダイレクトに入るのも防ぎます。
このインナーテラス、なんとなく中途半端なスペースに見えますが、実は、ものすごく多機能な空間なのです。

TSN竣工。
1階部分。
インナーテラスから再びLDKに戻ってきました。
吹き抜けの様子を反対から見ています。

TSN竣工。
2階部分。
階段を上ってきました。
吹き抜けには大小二つの球体のようなペンダント照明。
これが1階2階の両方を照らします。

TSN竣工。
2階部分。
左手前がWCL(ウォークインクローゼット)、左奥が和室になっていますが、浴室と同じく、扉などはありません。
仕切りは、やはりロールカーテンです。
さらにWCLも和室も吹き抜け側の間仕切り壁が天井まで伸びていません。
間仕切り壁の高さは170cm。ちょうど成人男性の平均身長ぐらいですので、中に入ってしまえば、個室感はばっちりありますが、空間としては繋がっています。

TSN竣工。
2階部分。
反対側から見たところ。
杉板の床が全面敷き詰められたこのスペースは、子供達の遊び場でもあり、セカンドリビングでもあり、寝室の代わりにもなります。
また、将来的に個室が必要になれば、ロールカーテンやパーテーションを設置して、プライベートスペースをつくることもできます。
逆に、WCLや和室を子供達の個室にして、夫婦の寝室として使うこともできるので、使い方は自由自在です。

TSN竣工。
2階部分。
こちらが和室です。
床の仕上げが手前の杉板と異なるものの、その出入り口の幅は1.5mあるので、一体の空間として使うこともできます。

いかがでしたでしょうか?
写真からわかるように、この建物は、玄関からリビング、2階の空間まで、どの場所も、完全に仕切られることなくつながっています。
しかしながら、家族の成長に合わせて、それぞれの居場所をつくりだすことができます。
個室という考え方をちょっと柔軟に考えると、このような空間ができるのです。
また、この建物はホテルなど公共施設で採用されている「全館空調」という考え方で設計しています。
ですが使っているのは、一般的な家庭用のエアコン2台です。
複雑な空調配管などのシステムなど使わずとも、空間を完全に仕切らずにつなぐことで、建物全体の冷暖房を可能にしているのです。
また、ブログでは窓の事は触れませんでしたが、写真を見ると、窓の高さが、一般的な高さよりずっと高いことに気づかれた方もいるかと思います。
設計コンセプトを含め、この辺りの詳しい説明はHPの作品紹介を後ほど作成しますので、そちらを御覧ください。

というわけで、葛飾区T邸ブログもこれにて終了です。
ちなみに、29日には内覧会を行わせていただき、予想以上の方々に見学に来て頂けました。
この場を借りて御礼申し上げます。
ちなみに、今回は特別に、完成後にお施主さんが住んでいる状態での内覧会をもう一度開催できることになりました。
日程は未定ですが、その際にはブログでも告知しますので、みなさんどうぞお越し下さい。
実際に生活の様子が見える、よい機会だと思います。