月別アーカイブ: 2013年10月

葛飾区T邸:木工事(10月)。

2013.10.28 東京:晴れ。

みなさん、こんにちは。
デザインスペックの小林です。

今回は、10月の施工の進捗状況をお伝えします。
ちょっと写真が多いですが、進み具合がよくわかると思います。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.04 1階部分。
切り抜かれた窓部分にサッシが取り付けられました。
設備配管、電気配線の工事も進んでいきます。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.04 1階部分。
ここは、左右両側にサッシが設置されています。
ちょっと不思議な空間ですね。
どんなスペースになるのかは、できてからのお楽しみです。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.04 2階部分。
こちらも、サッシが取り付けられています。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.08 1階部分。
床下配管が終わったので、その上に床下地となる合板が施工されました。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.08 2階部分。
吹き抜け部分に手摺が設置されました。
天井下地の施工も進んでいます。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.15 1階部分。
天井下時の石膏ボードが施工されました。
だんだん空間が見えてきましたね。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.15 1階部分。
2枚目の写真の不思議な空間も、壁・天井部分の下地ができあがりました。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.15 1階部分。
浴室部分です。
ユニットバスではなく在来工法での浴室ですので、開口部の配置も自由です。
ここもちょっと不思議な空間になっていますね。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.15 2階部分。
天井下時の間に断熱材が隙間無く施工されました。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.21 外観正面。
台風接近を考慮して、足場のネットが一時的にたたまれています。
外壁下地の透湿防水シートが施工されました。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.21 1階部分。
中央手前の床部分に見えるのが床暖房(銀色のマット)です。
今回の計画ではリビングとキッチンに設置しています。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.21 2階部分。
天井の石膏ボードが施工されて、より空間の輪郭がはっきりしてきました。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.22 1階部分。
お施主さんと協議を重ねて、やっと決まったフローリングが施工されました。
床暖房対応の無垢フローリングです。
材質はオーク(ナラ)のオイル仕上げです。
無垢材は反ったり伸縮したりする部分を嫌がる方も多いですが、それが自然な振る舞いですし、空間に息づかいを感じるので自分は好きです。
お施主さんも大変気に入っていました。
常に身体が触れる部分でもあるので、たとえローコストでも、こだわっておきたい部分です。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.28 1階部分。
吹き抜け部分に階段が設置されました。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.28 2階部分。
2階のフローリングも施工され、間仕切り壁の施工が進んでいます。

2013.10.04-28 TSN木工事。
2013.10.28 2階部分。
ちなみに、2階の床材は杉の無垢フローリングです。
2階はプライベートスペースとなっており、子ども達のプレイルームになったり、寝室になったり、セカンドリビングになったりとその時々で使われ方が異なりますが、基本的に寝転がったり走り回ったりするため、やわらかい杉材を採用しました。
杉はオークよりもずっと柔らかいため、さらに反りや伸縮、傷やへこみが付きやすい素材ですが、生活空間がずっとキレイでピカピカテカテカしたままでは気持ち悪いと思いませんか。
生活していく住人とともに時間を重ねてその姿を変えていく素材は、単に劣化するのではなく風化を楽しめるとともに、愛着も生まれていきます。

10月の施工報告は以上です。
だんだんと形が見えてきましたね。

次回は11月の終わり頃にブログアップしようと思います。