カテゴリー別アーカイブ: その他

新年のご挨拶とお知らせ、と。

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

早速ですがお知らせです。
去る2014年11月に、設計仲間の白井(アトリエ・アーキクラフト代表)と共に、「株式会社 梁(りょう) 建築設計」 を設立しました。
10年間個人事業として一級建築士事務所デザインスペックを運営して参りましたが、これに伴い、2015年1月より、建築業務は梁建築設計の方に移行します。

2015.01.01

というわけで、
改めまして、梁建築設計の小林です。

思えば、この10年、いろいろなことがありました。
初めて手がけた、実家のガレージでは、大工の見習いをしながら、半分自分で施工もしました。
毎年、雨漏りに悩まされる刺激的な処女作となっていますが、10年の時を経て、いい感じでカスタムされております。

その後、一時的に三浦愼建築設計室の管理建築士をしていた時には、軽井沢でとてもユニークな別荘を手がけました。
構造的にも空間的にも評価を受けて、当時の建築雑誌で表紙を飾ることもできました。
しかし、まだまだ若輩者だった私にとっては、なかなか大変な現場でした。
工事が始まると、現場近くのホテルに常駐し、日夜建築の勉強と現場の予習復習の毎日。
軽井沢にいながら、一切観光らしいことはできませんでした(仕事だから当たり前ですがw)
そして、当時の施工会社の現場監督に色々叱咤激励を受けながら、建築の知識や経験はもちろん、人間的にも色々と成長させていただきました。

また、その当時の事務所スタッフ3人(小林・白井・平山)と共同で、社内ベンチャー的に春日部の住宅を手がけました。これが住宅の処女作になります。
こちらはDOMAという作品で、やはり雑誌やテレビなどでも取り上げていただき、東京ガス賞というものも頂きました。
これを機にアーキテクト*マシーンという設計共同体をつくり、その後もYANEKABEと住宅をいくつか手がけました。

ちなみに、アーキテクト*マシーンとして活動しながら、小林はデザインスペックとして、白井はアトリエ・アーキクラフトとして、平山はアトリエhHとして、それぞれ活動を続けていました。

店舗設計では、日立市のサーフショップが処女作となりました。こちらの施工を手がけていただいたウッドベル・ワンの鈴木さんには、今でも懇意にしていただいており、茨城の現場はほとんど、彼に手がけてもらっています。
サーフショップも色々と困難の多い現場でしたが、無事に完成した時は、本当にうれしかったのを今でも覚えています。
鈴木さんに何かお礼をしたくて、彼が好きだというヴィンテージ・マッカランを贈答したのも、なんだかよい思い出です。
(高かったなぁw)

足立区の有名ラーメン店「田中商店」も手がけさせていただきました。こちらがリノベーションの処女作になります。
男気あふれる店長の田中さんにビクビクしながら(笑)も、無事に完成し、今でも変わらず行列のできるお店の前を通ると、当時を思い出し、うれしくなります。

同じく店舗でリノベーションの2作目は、ひたちなか市のエステ店RUANAでした。
こちらももう7,8年経ちますが、オーナーさんからは毎年年賀状を頂き、その後の様子もうかがえてうれしい限りです。

また、大学の先輩との共同設計で足立区に共同住宅も手がけました。
こちらは事務所(当時は自宅兼事務所でした)からほんとに近くで自転車で現場まで通っていました。

そのほかにも、茨城埼玉を中心に住宅をいくつか手がけていました。

そんな折の2011年3月11日。
東日本大震災がありました。

実家も被災したため、確認のために10時間かけて行きました。
そして実家の修繕をしたのち、再び東京に戻ったところで、大きな転機がありました。

仙台への出張です。
ここから、デザインスペックと宮城とのつながりが始まりました。

3月から8月まで仙台で被災家屋の調査に携わり、その後、石巻にボランティアに行きました。

ボランティアで泥かきをしているうちに、ひょんなことから自分が建築士であることを伝えると、いろいろな方から家をどうにかしたいという要望が出てきて、修繕のお手伝いや支援金の申請のお手伝い、建物の無料相談などをするようになりました。
そして、石巻にも事務所を構えることになりました。

住宅の修繕をいくつか手がけましたが、その中で、上海楼飯店という中華料理店の修繕を依頼され、引き受けました。
こちらは、石巻にボランティアにいってすぐに泥かきしたお宅でした。
ちょうど、震災があって1年後の頃、14:46の追悼サイレンがなる中での現場監理だったのを覚えています。

完成後、初めて店主がごちそうしてくれた中国ラーメンの味は今でも忘れません。

また、この頃から、住宅の仕事がどんどんと舞い込んできて、地元の同級生の家(こちらも震災で被災したための建て替えでした)を手がけたり、ボランティアで産廃となる木材を東京からはるばる石巻まで運んできてくれた方と知り合いになり、葛飾区に家を建てたいということでその設計依頼を受けたり、ウッドベル・ワンの鈴木さんのつながりで水戸の家の設計依頼を受けたりしました。白井との共同設計で世田谷でも住宅を手がけました。そしてさらに、石巻でも新築の依頼もありました。

そんな感じで2012年、2013年は石巻と東京を行ったり来たりの生活でした、ほぼ車での移動でしたので、いったい何万キロ走ったのか、今では気が遠くなりますが、遮二無二がんばってやっていました。

しかし、いろいろなハプニングはあるものです。
石巻の現場でちょうど建て方が終わった頃、施工会社が倒産してしまいました。
時に2013年3月11日、震災があって2年後でした。
今でもそうですが、当時は工事業者が引く手あまたの状況でして、とても倒産後の後工事を引き受けてくれる業者などいませんでした。
そこで、無謀かもしれませんが、自分が工務店の代わりも引き受けることにしました。
文章に書くと一瞬ですが、ここは本当に、大変でした。
当時の状況は、是非石巻W邸のブログを見ていただきたいと思います。がんばりました、わたくしw

2013年の夏、無事に石巻の新築を完成させることができました。
色々痛手もありましたが、たくさんの方に支えていただき、やり遂げることができました。

この新築を機に、石巻からは一旦離れることになり、ちょうどその頃工事が始まった葛飾の現場監理を行いながら、水戸の家の設計を進めつつ、新たに相談のあった草加の家の設計相談と、関東の仕事に没頭する毎日が続きました。

そして2013年11月、白井のお誘いを受けて、上野の事務所をシェアすることになりました。

宮城から離れて半年、新しい環境で仕事に没頭するようになったのもつかの間、やはり何かの縁なのでしょうか、再び宮城でお仕事をすることになります。
しかも今度は気仙沼。石巻よりさらに北です。ほぼ岩手です。
これはさすがに車では厳しく(石巻も相当大変でしたがw)、今のところ新幹線と在来線で行き来しています。

こちらもいろいろなハプニング続きで、なかなか進展しなかったのですが、昨年末、ようやく現場がスタートしたところです。

そして、そんなタイミングの2014年11月。草加の家の引き渡しと同じ頃、白井と兼ねてから相談していた、法人化が実現することになりました。
そんなわけで、デザインスペックとしての最後の設計が草加の家でした。

こうして振り返ってみると、すべてのプロジェクトに何かしらのハプニングがあったなあとしみじみ思います。
(本文では割愛している部分も多いですが、ほんとに色々ありました)
でもハプニングというのは、決して悪いことばかりではないと思います。
逆にスムーズに事が進む方が、怖いことかもしれません。

自分の仕事の仕方は、あまり器用な方ではないと思います。だから、ハプニングがあれば、それとがっぷり四つに組んでしまいます。
決して楽な仕事の仕方ではないですが、それが責任というものだと思います。

建築はその人の人生を大きく左右する存在だと思います。
その責任をひしひしと感じながら仕事できることを、とてもうれしく思います。

というわけで、ながながと回顧録を失礼しましたw
今後とも、よろしくお願いします。

あ、ブログの方は、梁建築設計に変わっても、しばらくはこの「ひねもす・らいふ」を利用しようと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。

株式会社 梁 建築設計
代表取締役 小林 良

石巻市C邸:1stプレゼン。

2013.02.09 石巻:晴れ。

みなさん、こんにちは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

本日は、C邸最初のプレゼンでした。

前回のブログでお見せした「出窓ハウス」のアイデアはどんな感じのプランになったのでしょうか。

ちょっとだけ、プレゼン資料をお見せします。

0209cb
プレゼンシート1

0209cb
プレゼンシート2

C邸は、1階が親世帯、2階が子世帯の完全分離型2世帯住宅です。
それぞれのライフプランに応じた空間を、「出窓ハウス」という同じアイデアを用いて考えてみました。

言葉だと分かりづらいとは思いますが、
ちょこっとだけ、プランの説明をします。

実はこの建物、建築面積は16坪と、とってもコンパクトです。
ですが、1階2階の床面積は21坪ずつあります。
つまり、この5坪分がいわゆる出窓状になっているわけです。
基礎に対して、建物が四周ぐるっとひとまわり大きくなっているとイメージしてもらえばわかりやすいかと。

そして、その部分を出窓としてだけではなく、カウンターだったり、収納だったり、居室の一部だったりと、様々な使い方をしています。
こうすることで、構造的には奥行き3.64mしかない空間が、視覚的な広がりとして4.55mまでひろがり、実面積以上の広さを得られるのです。

とはいえ、二人暮らしの親世帯に対して、子ども世帯は4人暮らし。21坪の面積に部屋を並べるだけでは、窮屈です。

そこで、子世帯の方には、「部屋ではなく居場所をつくる」というアイデアを盛り込みました。

部屋として仕切ってしまうと、どうしても動線となる通路が必要になります。
ところが、この仕切り方を工夫することで、通路と部屋という空間が、とっても柔軟な働きをしてくれるのです。
簡単に言うと、人が通る時だけは通路になるけど、それ以外は部屋のように使えるという感じです(2枚目の画像参照)。

今まで大きな家で育ってきたCさん。
そして現在は、対照的に窮屈な仮設で暮らしています。

この震災で、建物の「広さ」という感覚を大きく揺さぶられた仮設入居者の方は多いと思います。
自分も田舎育ちだったので、それなりに部屋数の多い家で育ったのですが、結局は、家族のライフスタイルが変わるにつれて、個室がどんどん納戸化していく現状を体感してきました。
家という固定物とそこで生活する人間のライフスタイルというものを、よーく考えると、おのずと答えは見えてきます。

Cさん自身も、今回提案したプランの広さをみて、とても驚いていましたが、私と同世代で、やはり個室を与えられて育った環境のため、その行く末をよく理解されていました。
なので、今回の「部屋ではなく居場所を」というアイデアにも、共感してもらえました。

もちろん、子ども達が成長していく過程で、また大人達にとっても、「籠もりたい」時はあります。
でも、それは必ずしも「部屋」である必要はないのです。「場所」があればいいんです。

そんな場所をつくりだした、今回のプラン。

でも、あくまで叩き台の 1stプラン。

ここから、どんなふうに進んでいくか、楽しみです。

石巻市C邸:アイデア。

2013.01.22 東京:晴れ。

みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

昨年12月にCさんと顔合わせしてから、約1ヶ月。
ひとつのアイデアを描き出しました。

それがコレ。

0122cb

今回のコンセプトは、
「出窓ハウス」

といっても、出窓が沢山ある家というわけではないですよ。

一般的には装飾窓として捉えられている出窓という要素を、ひとつの空間として考えてみようという試みです。

まだスケッチ段階ですが、自分の場合はこうして描き出す前に、脳内で沢山ドローイングしてるので、実はもう空間はだいたいできあがっています。

あとは、これにスケール感を与えていく作業。

いつものながら、このアイデアの神様が降りてきて描き出す瞬間が、楽しくてたまらないです。

というわけで、プレゼンの見通しが立ったので、お施主さんにご報告。
初回プレゼンは2月9日です。

川崎市T邸:顔合わせ。

2012.12.19 東京:晴れ。

みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

本日は、川崎市近辺にて新築を検討されているTさんとの初顔合わせでした。
建売を一度見に行ったそうですが、なんだかピンと来なくて、注文住宅を希望されての相談です。

実は、このTさんと知り合うことになったきっかけは、石巻の知人(Aさんとしておきます)からの紹介なのです。
当ブログでもたびたび書いていますが、昨年の震災以降、宮城でも活動するようになりました。

そして、Aさんと知り合い、ひょんなことから、自分の設計スタンスの話になりました。
今、被災地では、建売メーカー、ハウスメーカーによる住宅供給が加速度的に進んでいます。

完全なる需要過多で、売り手が買い手を選んでいるこの状況では、
「家とは、住み手のことを考えて作るものである」
という根底が、揺らいでしまっています。

そこで、自分は、「住み手のことを考えた家づくり」を東北でもやっていきたいという主旨の話をAさんとしていたのですが、
その考えにとても共感してくださって、今回のTさんの紹介に至ったわけです。

でも、なんで石巻の知人なのに、川崎の新築なのか?と言いますと、
このTさん自身が、石巻出身なんですね。

人の縁とは、本当に不思議なものです。

というわけで、川崎市T邸の設計相談、スタートです。

ちなみに、自分の打合せのスタイルですが、いきなり、プランの話などはしません。
最初は、日々のライフサイクルや趣味の話など、建て主さんの生活について、色々おしゃべりします。

家とは、家族という複数の人間が寄り添って使う、生活のための空間です。
建て主さんの「どんな風に暮らしたいか?」を見つけ出し、そこにスッとおさまるような空間を考えるのが、設計というお仕事なんです。
少なくとも、自分の場合は。

ですから、家族構成や予算、敷地形状だけから、プランが決まることはありません。
それに、家づくりにセオリーというものもありません。
暮らしの数だけ、間取りもあるんです。

まずは、土地探しから。
頑張ります!

石巻市C邸:新築相談。

2012.12.15 石巻:雨。

みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

本日は、石巻で2件目の新築相談。
お施主さんと初顔合わせでした。

震災前は親世帯、子世帯それぞれが持ち家で暮らしていたものの、そのどちらも津波で被害を受けてしまい、現在は仮設暮らしというCさん。
これから建てる住宅は、費用的な部分も考えて、二世帯住宅にすることに決めたそうです。

しかし、こと住宅事情に関しては、完全に需要過多の、石巻。
震災復興!と掲げているものの、住宅メーカーから出てくる返事は、
「うちは、坪単価○○以下じゃできません」という感じ。

Cさん曰く、
「震災によって、地震保険などで資金が増えた方達も多いです。なので、メーカー側も強気なんですね。」
とのこと。
これが、被災地の住宅事情の現実ですよ、みなさん。

そんなこんなで、自分の所に話が舞い込んできました。
参考までに、と相談に行ったメーカーさんの図面を見せてもらったのですが、これまたびっくり。

なんと、敷地形状が描いてないんですね。
これじゃ、敷地にどんな配置で建物が建つのか、まったくわかりませんし、敷地の特性などはまったく考慮に入ってないようです。
風の強い石巻、接道条件や立地環境は、かなり重要な設計要素だと思うんですけどね。
さらに驚いたのは、2人ぐらしの親世帯と4人ぐらしの子世帯とで、間取りがほぼ一緒。面積もほぼ一緒。ライフスタイルは無関係のようです。
うーむ。ハウスメーカー、おそるべしw

その後、
自分の設計スタンスを説明し、
Cさんの家族構成から、仕事の話、日々のライフサイクルから趣味の話まで、たっぷり2時間以上話をしました。

毎度思うのですが、この最初のヒアリングというのは、本当に大事だなと実感します。
設計には、様々な知識やノウハウが必要なのは言うまでもないのですが、
それ以上に大事なのは、「人と人との信頼関係」なんですね。
それを築くためには、どうしてもコミュニケーションが欠かせない。

だから、この最初のヒアリングが全ての始まりなんです。
これから、何度となく、Cさんとは膝をつき合わせて話し合うことでしょう。

石巻での楽しみが、また一つ増えました。

がんばります!

北区TKG:設計のための設計。

2012.11.26 東京:曇り。

みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

一昨昨日、子守しながら打ち合わせした、とある共同住宅プロジェクト。
本日は、そのプレゼン資料の作成です。

こんな短期間で設計できるのか?
という疑問がありますが、

答えは、「NO」
です。

とてもじゃありませんが、こんな短期間で、設計などできません。

では、どうやってプレゼン資料を作成するのか?
それは、今回のプレゼンが
「設計のための設計」
だからできるのです。

今回のプロジェクトは、いわゆる一戸建ての住宅の設計ではなく、複数の入居者を想定した、賃貸物件です。
なので、まずは、

「どれぐらいのボリュームの建物に、どれぐらいの住戸が入るのか?」

という部分を明確にしてあげて、
事業計画を立てやすくするための資料をつくります。
とはいえ、ある程度の規模の建物になると、普通の住宅以上に、さまざまな法規制が関係してきます。
建築基準法の他にも、消防法、東京都安全条例、集合住宅駐車場附置要項、居住環境整備指導要綱、集合住宅の建築および管理に関する条例、などなど、さまざまな規制があるのです。
それらをきちんとクリアするために、どのような部分が設計のポイントになるかを、あらかじめ調査し、その上で、どれぐらいのボリュームの建物を作れるかというのを検討するのが、
「設計のための設計」というわけです。

というわけで、この数日で上記の法令関係をチェックし、最終的に40戸程度のボリュームが作れることが分かりました。

普通の住宅規模の建築だと、いわゆる設計と同時進行で進めて行く、このような作業も、
規模が大きくなると、このようにきちんと事前に調査していかないと、あとで重大な問題が起こりかねません。

設計と一口にいっても、色々な手順があるのです。

TKG打合せ1
ノマドワーカーは11inchのモニターで、どんな大きなプロジェクトもこなします!

北区TKG:半休半働。

2012.11.23 東京:雨。

みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

本日は、勤労感謝の日。
祝日なので、お仕事も休みにしようかと子守DAYにしていたのですが、
一昨日、設計仲間から、とある共同住宅プロジェクトの話が出てきまして。

スケジュール調整をした結果、
今日しか打合せするタイミングがない!ということで、
子連れで、打合せすることになりました。

幸い、設計仲間にも子供が居まして、
雨天の休日で、でかける予定もないということで、

子供達は遊び、
お父さんたちは仕事

と、
それぞれの利害関係が一致したわけです(笑)

TKG打合せ1
そんなわけで、子守しながら打合せという、
不思議な現象が起こりました。

TKG打合せ2
打合せとゲームのコラボレーション。

時折発生する、子供達の言い争いを諫めながら、
打合せをすること4時間。
無事に、方針を決めることが出来ました。

半休、半働。
やればできるもんですね。

野田市T邸:初打合せ。

2012.10.06 埼玉:雨のち晴れ。

みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

すっかり、というか、ようやく、というか
秋らしくなってきました。

さて、本日は埼玉県の吉川町にて、お施主さんとの初打合せ。

なんと、2週間前に入籍したばかりの、新婚さん夫婦です。
そして、奥様はドラマー、ご主人はボーカル&ギタリスト という音楽家夫婦。

夢は、家にスタジオ!
いいですね!楽しそうですね!
考えるのが、ワクワクしちゃいます。

とは言っても、これから資金を準備したり、土地探しをしたりという段階なので、
実際に家づくりが始まるのは、もうちょっと先になりますが、この段階から相談してくれるのはとってもありがたいです。

というのも。
通常、我々がお施主さんに会ってからプランを提案するまでは、せいぜい数ヶ月。
その間に、お施主さんがどんな人で、どんな暮らしを求めているのかを対話の中から掴まなければなりません。

もちろん、プロとしてやっていますので、最初に会えば大体の人間像は掴めますし、要望もくみ取ることはできます。
でも、時間を共有すればするだけ、より深く理解することができます。

今回は、そのための時間がたっぷりあるんです。
プランもじっくり考えることができます。

だから、ありがたいんですねぇ。

家づくりを考えている、みなさん。
こんな段階から相談してくれて、全然構わないんですよ!
むしろ、設計屋としては、ありがたいんですよ!
土地も資金も決まってなくていいので、建て売りとかハウスメーカーに行く前に、一度気になる建築士さんに話をしてみるのも一つの手ですよ!

浦和の家。

2012.09.09 埼玉、晴れ。

みなさん、こんばんは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。

今日は、同じ設計仲間(というか先輩)の増田さんが手がけた住宅「浦和の家」の内覧会に行ってきました、息子と二人で。

閑静な住宅街で、これと言った目印もない場所だったので、すぐに分かるかなぁと思いつつ路地を散策。すると、

日ごろから、

「直線が嫌い」

とおっしゃっている増田さんの言葉を現すかのように、アーチ状のピロティが特徴的な外観の建物が目の前に現れました。

浦和の家、エントランス。
このアーチが、また板金の外壁に適度なやわらかさを与えていて、いきなり心地よいお出迎えって感じです。

そして中に入ると、そこはまるで明るいダンジョンのような空間。

コンパクトな建物の中に、右に行ったり左に行ったり上に登ったり下の降りたりと大忙しの動線が巡る空間になっているのですが、それが不思議と心地よい、とっても素敵な空間でした。

浦和の家、内観1。
息子も早速自分の居場所を見つけた様子。

この空間の特徴を一言で表せば、
「名前のない部屋の連なり」
といったところでしょうか。

普通、家と言うと、「玄関」「廊下」「リビング」「寝室」「トイレ」などなど、色々な名前の付いた空間に仕切られています。
ところが、この「浦和の家」は「トイレ」や「浴室」はあるものの、それ以外の場所は、これといって目立った仕切りがないのです。
でも、不思議と空気はゆるやかに分かれていて、それぞれの居場所を作り出しています。
そして、そこには「名前がない」が故に、使われ方も自由。

そこに心地よさの秘密がありました。

息子も、とっても気に入ったみたいで、家の中をずーっと走り回っていました。

浦和の家、内観2。
2階的な、リビング的な場所。

浦和の家、内観3。
楽しいトンネル収納。

浦和の家、内観4。
システムキッチンにはない暖かみが感じられるキッチンです。

自分が設計するときに大事にすることもやはり、この「名前のない空間」をつくることにあります。
というわけで、とっても共感できる、素敵な空間でした。

他にも、細かい部分で材料や器具類の使い方など、とっても勉強になりました。

浦和の家、カーテンレール。
ワイヤーをカーテンレールにしてしまったり、

浦和の家、蛍光灯。
蛍光灯をこんな風に木枠に埋め込んでしまったり、

浦和の家、階段収納。
階段収納の鍵に、昔の木製引き戸のくるくる錠を使ってみたりと、その発想の柔軟さがすばらしかったです。

他にも、
浦和の家、ラワンベニヤ仕上げ。
一般的な大工さんだったら絶対に隠してしまうような材料のジョイント面(小口と言います)を、これまた絶対に使わないようなラワンベニヤという下地材のような板で作っていながら、必要以上にキレイではなく、生活しやすいレベルのキレイさでまとまっている手摺壁なんか、脱帽です。

極めつけは、
浦和の家、ベニヤベッド。
マットレスだけ施主さんが購入してきて、その下の台は大工さん手作りというベニヤベッド。
IKEAやニトリなんかよりも格段に丈夫でしかもコストパフォーマンスに優れたベッド。
ベニヤ板で作っても、こんなに趣のある仕上がりになるんです。

あー、楽しかった。

登米。

2012.07.15 石巻:雨。
みなさん、こんにちは。
一級建築士事務所デザインスペックの小林です。
私事ですが、本日7月15日は、結婚記念日であります。
8年経ちました。
にもかかわらず、東京に妻と子どもを残して、石巻で奮闘中。
文句も言わずに、家を守ってくれていて、感謝感謝です。
さて。
今日は、昨日予定変更となった登米の打合せに行ってきました。
アパートの新築、豚舎の新築などなど。
東京ではありえないような広大な敷地での仕事です。
のどかな田園風景に癒されつつ、仕事は頭を抱える問題山積ですが、がんばります!
アパート敷地
アパートの敷地視察。
豚舎敷地
豚舎の敷地視察。
壊れた電卓
余談ですが、学生時代から17年愛用している電卓がついに壊れました。。。ぜんぶ3を打っているんですが、途中がなぜか1に。